よくある質問Q&A

まだサービスが生まれて時間がそれほど経過しているわけではないので、介護タクシーの具体的なシステムについてきちんと理解できていない人も多いです。介護タクシーの求人に応募しようと思っているのであれば、以下のようなポイントはしっかりと押さえておくようにしましょう。
まずは「介護タクシーを利用すれば、通常のタクシーよりも料金が安くなるのでは?」という疑問は良く聞かれます。しかしこれは勘違いです。介護タクシーと言うのは、タクシーが割安になるためのシステムではありません。通院をする時にタクシーを利用することがありますが、この時の介助については、介護保険が適用されますので1割負担だけで良いということになります。しかしタクシーで移動をしている時には、介護の対象にはならないので、一切介護保険を活用することができません。ですから、タクシー料金は全額自己負担と言う形になります。しかし介護タクシーの行っている業者の中には、通常よりはタクシー代を割引にしている制度を採用している所もあります。また「介護タクシーに家族が同乗しても良いのか?」という疑問も良く聞かれます。
介護タクシーの前提条件とされているのが、介護タクシーの運転手が1人で運転と介助を行うことになります。介護タクシーのドライバーはヘルパーの側面も持っていることになります。家族が同乗することは原則として認められていません。しかし家族で介助をすることができない人とか、病院に行く時に医者の話を聞くために同伴する必要があると言う場合には例外として同乗が認められることもあります。また車いす用の車両や寝台車両を使用する時には、家族の同乗が認められることもあります。しかしこの基準は市町村によっても変わってくることがあります。場合によっては、かなり厳しい基準を設定している市町村もありますので確認する必要があります。
また「寝たきりの人を介護タクシーで運ぶ場合に、介助するのか?」という質問もあります。基本的に寝た切りの人に対しては、いろいろな介助を行います。出発前の着替えや排せつの介助を担当することもあれば、体位変換やお持つの交換などもすることがあります。しかしもし自宅内で介助に時間がかかって、20分以上の時間を要した場合には、身体介護の対象になる可能性があります。そこで、別途で料金を請求する可能性もありますので、注意しましょう。