社会へ貢献する喜び

介護タクシーの求人情報がいろいろと出ています。しかし介護タクシーに限った話ではありませんが、介護関係の仕事は不況の中でもたくさん求人情報が出ていても、なかなか人が集まらない所があります。なぜかと言うと、介護の仕事は大変な割には、なかなか収入に結び付かない所があるからです。その結果、お金にならないのであれば…ということで、応募をすることを躊躇してしまう人が多いのです。しかしそれでも、介護タクシーの運転手として活躍している人も多いです。なぜ介護タクシーの運転手として仕事をしているかと言うと、お金ではありません。社会的な意義を見いだして、そこにやりがいを感じている人が多いのです。
介護タクシーを利用する人は、高齢者もしくは体に障害を抱えている人になります。このような人に共通しているのは、社会的弱者であるということです。社会とつながっていかないと人間生きることはできませんが、自分のハンディキャップを気にして、なかなか積極的に社会に参加しようとしなくなってしまう人が多いです。また体に不自由な所があると、なかなか外出することが面倒になってしまうことがあります。バリアフリーと言って、いろいろなケアがなされている所もありますが、大都市でもまだ不十分ですし、地方になるとなおさらです。そうなってしまうと、外出することもなくなってしまって、ますます社会とは隔絶された存在になってしまう可能性があります。介護タクシーの運転手は、このような社会から隔絶されてしまう可能性のある高齢者や障害者と社会に出すという重要な意味合いがあるのです。社会的弱者の方を社会に運んでいくという重要な社会的意義を持っているのです。これは、仕事をする上でも、大きなモチベーションにはならないでしょうか?
お金も生活をしていくためには重要なアイテムであることは確かです。しかしそれ以外にも、仕事に対してやりがいを見いだすことは十分に可能です。そのお金以外の所に意義を見いだすことができる仕事の中の一つが、介護タクシーと言うことができます。介護タクシーの仕事をしていると、要介護者の利用者に感謝の言葉を言われることも多いと言います。他の仕事で、自分の提供している商品やサービスについての評価をダイレクトに受けることができる仕事がどれだけあるでしょうか?このような他の仕事では味わうことができない大きな意義を持っている所に魅力を感じて、介護タクシーの仕事をしている人も多いです。