仕事内容

介護タクシーの求人情報も出てくることも多くなってきました。ところで、具体的に介護タクシーはどのような仕事をするのでしょうか?介護タクシー歯自宅で療養している人が病院に通院する時などに利用することが多いです。まずは利用者の自宅に向かいます。そして利用者に対して健康状態に異変がないかどうかの確認をします。文字自分で言葉を話すことが難しいのであれば、家族の方などに状況の確認をします。
そしてとくに問題がないのであれば、外出するための準備をします。この時必要に応じて着替えや整容の介助をすることもあります。また当日持っていく持ち物に不備がないかどうかの確認をします。その上で自宅内移動介助をしていきます。要介護者は自分一人の力で自宅内を移動することも難しいケースがあります。もし車いすが必要である場合には、ベッドから車いすに移動するのを介助する必要があります。そして最後に自宅の確認をします。もし自宅に家族がいる場合には、出発すると言うことを伝えておきましょう。その上で、要介護者を車の中に入れて出発します。ここで重要なことなのですが、優しい運転を心掛けると言うことです。
要介護者は、体のいずれかに痛みを抱えているケースが多いです。ですから、健常者であればあまり気にならない振動などにも敏感に反応してしまう傾向があります。乱暴な運転にならないように細心の注意を払うことです。目的地でも必要に応じて介助することになります。病院の場合には、受付手続きを自分で行えないこともあるかもしれません。そのような場合、介護タクシーの運転手が代理で手続きをすることもあります。また診察が終わった後に診察料の精算をするのもタクシードライバーとなる可能性があります。そして運転が終了したら、料金の請求をします。そして代金を受け取ったら、領収書をその場で発行することになります。そして介護内容について記録を付けておきましょう。
介護タクシーの仕事をする時には、いろいろな介助をする必要が生じる可能性は大いにあります。この時いきなり勝手に何かをやられると、要介護者は不安になってしまうことがあります。そこで、これから何をやるかということを要介護者に対してきちんと伝える、声がけをすることが重要です。声がけをしてコミュニケーションを頻繁にとることによって、要介護者との間に信頼関係を構築することもできるようになります。