車両について

介護タクシーの求人情報をチェックする時に、どのような自動車を使って介護タクシーのサービスを提供するかということをしっかりと確認することが重要です。現在の所、介護タクシーで使われている車両ですが、3種類に分類することができます。
まずは普通車両を使って介護タクシーのサービスを展開している所もあります。普通車両を利用している場合には、いわゆるセダンタイプの自動車が使われることが多いです。従者スペースと荷物を入れるスペースが分離しているのが大きな特徴になります。一般的なタクシーの自動車のフォルムと大きな違いはありません。特に深刻な体に障害を持っていない人であれば、利用することは十分に可能です。しかし通常の自動車とは少し違って、助手席の足元の所を少し広めにしているタクシーもあります。中には膝に疾患を抱えていて、ひざを深く曲げることができない人もいます。そのような人に対して、膝への負担を少しでも軽減することができるようにという配慮からこのようになっていると言われています。
また車いす車両になっている介護タクシーもあります。車いす車両とは、車いすに乗ったままの状態で車内に移動できるようになっている車両のことを指します。ハッチバック型になっている車両が多いです。そしてバックにはスロープのようなものが付いていて、このスロープを移動することによって、車内にスライドして中に入ることができます。他にも普通車を改造して、車いすでも乗車できるようになっているものもあります。しかしスロープのついているハッチバックタイプの方が車内スペースが広くなるので、長時間の運転でも快適に車内で過ごすことができるようになります。
また介護タクシーの中には、寝台車両を用意している所もあります。寝台車両はストレッチャーが付いているのが特徴で、ベッドごと車内に運び入れることができるようになっているのが特徴です。その結果、寝たきりの人でも、自動車を使ってよりスムーズに移動することができるようになります。寝台車両を使って移動する場合には、少し料金が割高になります。車いす車両を使った場合と比較して、利用料金は約倍になると思ってください。介護保険の負担分を差し引いても、自己負担の料金も車いす車両と比較して、約倍になると思っておきましょう。要介護者の状態に応じて、このうちのどれかを使って移動することになります。